主婦にも人気の職業

女性

なぜ人気なのか

フードコーディネーターに関する資格は、通信教育でも取得可能です。国家資格などではなくあくまで民間の資格のため、取得しやすいというメリットがあります。このような取得しやすい資格は、主婦にも人気です。家事や育児の合間に勉強をすることができるからです。また、普段から食事を作ることがある主婦にとって、食に関する資格であるフードコーディネーターは、身近に感じられることでしょう。さらに、資格を持っていれば就職に有利になる可能性も高まります。フードコーディネーターは、フリーランスとして働く場合、ある程度経験を積んでいれば年収は最低でも300万円以上にはなると言われています。知名度が高くなれば、1000万円ほど稼ぐことも不可能ではありません。フードコーディネーターになりたい人は、料理が好きなはずです。自分の好きな料理に関する仕事で、人に感動を与えられるというのが、フードコーディネーターの醍醐味でもあるでしょう。いきなりフリーランスのフードコーディネーターになるのは難しいため、多くの人がまずは企業に就職するはずです。その場合、志望動機が「料理が好き」というだけでは弱いです。フードコーディネーターは、みんな料理が好きなはずだからです。自分は何ができるのか、企業にどのように貢献できるのか、といったことも答えられないといけません。とはいえ、フードコーディネーターとして何がしたいのか自分の中で明確になっており、意志をしっかり持っていれば安心でしょう。