食に関する職業

調理

どうやって就業するか

フードコーディネーターは、食に関するプロデュースをするのが仕事です。食品開発や飲食店のプロデュースなど、様々なことを行います。料理を作り盛りつけるのは料理人のイメージです。しかし、フードコーディネーターが盛り付けを行うことがあります。例えば、料理番組や料理本などで紹介される料理を見栄え良く盛りつけるのも、フードコーディネーターの仕事なのです。他にも、料理教室の講師といった仕事もあります。フードコーディネーターになるためには、資格を取得する必要はありません。しかし、ただ料理が好きというだけで就業できるものではありません。フードコーディネーターになろうと思ったら、専門学校に通ったり、通信教育を受けて、食に関する知識や技術を身に着けるといいでしょう。そして、食品業界に就職するのです。専門学校に通った方が、就職はしやすいです。学校と企業とにコネがあるからです。専門学校や通信教育では、フードコーディネーターに関する資格を取得できます。国家資格などではありませんが、こういった資格を持っていることで、知識と実力の証明になるのです。独学で料理に関する知識を身につけ、プロ並みの腕前を持っているという人もいることでしょう。こういった人が学校に通わずにフードコーディネーターになろうと思ったら、不可能ではないですが、なかなか難しいです。企業に就職しても、資格がないと実力を証明するのは大変です。プロのフードコーディネーターに弟子入りするといった方法もありますが、これもコネがないと難しいでしょう。専門学校や通信教育で、資格を取った方が有利なのです。