食の楽しみを伝える仕事

食材

基礎は必要

フードコーディネーターは、食の楽しみ方や食環境の改善を提案する仕事です。フードコーディネーターの仕事は様々で、たとえば雑誌やテレビ等のメディアでレシピや調理方法、テーブルコーディネートを提案したり、料理教室の講師として指導する、食品会社に新商品の提案やアドバイスをするなど、活躍の場は広がっています。フードコーディネーターになるために、特別な資格は必要ないとされています。とはいえ、食品や栄養についての知識と調理のスキルがなければ、フードコーディネーターの仕事を任されることは事実上不可能でしょう。そのため、フードコーディネーターを目指す多くの人は、食に関する知識や技術を学べる調理系専門学校か、もしくは栄養学が学べる大学や短大に通っています。いずれもこの仕事に必要な基本的な知識と技術を学べますが、より調理のスキルを高めたいなら、調理系専門学校がおすすめです。調理系専門学校は1年制もしくは2年制で座学と実習を学びますが、調理に重点を置いていることから、卒業とともに国家資格である調理師免許が取得でき、卒業後の仕事やキャリアの面で有利になると言われています。ただし、先にもあげたようにフードコーディネーターの仕事の領域は広く、将来どのような仕事を手掛けたいのかによって、ルートの選択を慎重に決めることが必要です。たとえば、メディア等で活躍するフードコーディネーターを目指すなら、フリーランスとして一線に立つトップフードコーディネーターのアシスタントとして働き、経験を積んでいくのが基本とされています。この他では、企業に就職し商品開発や企画、宣伝等で食の楽しみを提案する仕事を希望する人もいるでしょう。フードコーディネーターは、比較的まだ新しい仕事です。さらに仕事の領域が広がるように、常に新しい提案をしていくチャレンジ精神が求められます。