食の専門家を目指す方法

調理器具

高い専門性を身につける

食に関する市場は非常に大きく、今後も拡大が予想される分野だと言えます。そのため異業種からの転職先として考える人も少なくありません。異業種からの転職の場合、まずは資格取得を目指す人が少なくないですが、食に関する仕事に就きたいならフードコーディネーターという資格があります。この資格は3級から1級までありますが、3級の場合は条件が中学卒業以上だけなので初心者に適しています。3級で基本的な知識を身につけておけばその後の進路選択がし易くなるでしょう。また、プロのフードコーディネーターとしての活動を目指すなら2級や1級を視野に入れる必要があります。2級についてはフードコーディネーターのアシスタントレベルとなっているのでこれがあればアシスタントへの道が期待できます。1級についてはプロとして活動出来るレベルとなっているのでフードコーディネーターとして独立を目指すなら1級の取得を目標にすると良いでしょう。フードコーディネーターは食の専門家として幅広い知識を有していますが、同様に食の専門家を証明する資格にフードスペシャリストがあります。この資格も食のスペシャリストとしての証明となりますが、階級制ではなく受験には特定の学校で単位を取得する必要があります。いずれも業界団体が主催している民間資格という共通点はありますが、学ぶ内容には差があるので自分に必要な資格を選ぶことが大切です。また、食に関する資格には様々な種類があるので、その内容を見極めて取得することによって高い専門性を身につけることが出来るでしょう。