生活習慣を見直して頭皮に栄養を与える|薄毛を治療する前に

女性の薄毛と女性ホルモン

育毛剤

一般的な育毛剤との違い

女性用育毛剤とは、薄毛に悩む女性のために作られた育毛剤です。なぜ女性のためだけに作られているのかというと、一般的な育毛剤は男性向けに作られていることが多いため、女性が使用しても効果が出にくいからです。男性と女性とでは、薄毛になる原因が大きく異なっています。男性の場合は、特殊な男性ホルモンが過剰に働くことが、女性の場合は、女性ホルモンの働きが不足することが、それぞれ薄毛の原因となっているのです。そして一般的な男性用の育毛剤には、男性ホルモンの働きを抑える成分が配合されています。一方女性用育毛剤には、女性ホルモンをサポートする成分が配合されています。そのためこれを女性が使用すれば、女性ホルモンの力で抜け毛が減ったり、髪が艶やかに成長しやすくなったりするのです。

更年期に入る前に

女性ホルモンは、更年期に入ると働きが悪くなっていきます。そのため更年期の女性の多くが、抜け毛の増加や髪質の低下といった髪の悩みを抱えています。更年期は、個人差があるものの、多くの場合は50歳前後となっています。しかし50歳前後になって突然始まるわけではなく、40代のうちから兆候が出てきます。人によっては、30代半ば頃から始まることもあるのです。したがって女性用育毛剤は、更年期になってからではなく、その前から使用を開始しておくことが肝心とされています。女性ホルモンの働きが悪くなる頃から、女性用育毛剤を使用していれば、その時の髪の量や色艶を維持できる可能性が高まります。つまり更年期になっても、髪の悩みを抱えずに済むということです。