調理器具

食の専門家を目指す方法

フードコーディネーターには3級から1級があり、3級は初心者に向いています。また、2級はアシスタントレベル、1級はプロレベルとなっています。フードコーディネーターに似た資格にフードスペシャリストがあります。これも食の専門家を証明しますが、受験には特定の学校での単位が必要です。

詳しく見る

女性

コースや専攻を選ぶ

フードコーディネーターの資格を取得するためには、専門学校で学ぶ方が多いです。専門学校を選ぶ際にはフードコーディネーターの資格だけでなく他の資格も取得できるコースを選ぶことも大切です。自分の希望する資格が取得できる専門学校を選ぶと良いでしょう。

詳しく見る

食材

食の楽しみを伝える仕事

フードコーディネーターは食の楽しみ方や食環境を改善を提案する仕事です。フードコーディネーターになるには食の知識や調理の技術が必要なことから調理系専門学校や栄養学がある大学、短大で学ぶことがおすすめです。中でも調理系専門学校では国家資格である調理師免許が取得できることから仕事やキャリアの面で有利です。

詳しく見る

調理

食に関する職業

フードコーディネーターは、食に関する様々な仕事を請け負います。就業に特別な資格はいりませんが、専門学校や通信教育で学んで食品業界に就職するといいでしょう。学校はコネがあるので就職しやすく、資格を持っていれば実力の証明になります。独学のみでは就業は難しいので、専門学校や通信教育で資格を取得しましょう。

詳しく見る

女性

主婦にも人気の職業

通信教育でも取得可能なフードコーディネーターの資格は、主婦にも人気です。フリーランスなら、経験を積めば最低300万円以上、知名度が高ければ1000万円は年収を稼げます。いきなりフリーランスとして活動するのは難しく、まずは企業に就職するのが一般的です。志望動機を自分の中で明確にしておきましょう。

詳しく見る

気になる学費や費用

女性

資格を取得する方法

フードコーディネーターの資格を取得する為の勉強を行う事ができる大学や短大の学費はおよそ80万円〜210万円となっています。そして専門学校での学費は50万円〜220万円となっています。しかしフードコーディネーターの資格を取得するにはいくつかの方法があり、専門学校や大学に通わなくても独学で取得することもできます。フードコーディネーターの資格を取得する条件は「18歳以上である」事と「中学校卒業以上」のみなので必ずしも大学や専門学校を卒業しなければいけないと言うことはありません。なので資格を取得するまでの勉強法によってその費用も大きく変わってきます。スクールの通信口座や専門学校に通うことで取得までのサポートをしっかりと補ってもらうこともできるのでもし独学で勉強を行う自信がない場合などは、こちらの方法を使う事もできます。スクールの通信講座は価格が安い所ならば25,000円程から受講する事が可能です。フードコーディネーターの資格には3級、2級、1級と分かれており、その内3級は入門レベルの内容となっています。フードコーディネーターの認定試験を受験するには受験料を支払わければいけません。3級の受験料は1,000円となっています。そして試験に合格すると「認定登録申請書」が送られてきます。こちらの認定書を使って正式に認定登録の手続きを行います。この際に認定登録料として21,000円が必要になってくるので、受験料と合わせると合計33,000円が必要になります。